姫路市について

姫路市は、兵庫県の南西部に位置する人口約53万人の中核市です。

兵庫県内では神戸市に次ぐ商業都市であり、また世界遺産・姫路城や書写山圓教寺など数々の観光スポットに恵まれたまちです。

およそ1万年昔の縄文時代から姫路の地には人が住んでいたといわれており、明治22年に姫路市制が敷かれてから、令和元年度には市制130周年を迎えました。

国宝姫路城は、平成5年(1993年)12月に、奈良の法隆寺とともに日本で初の世界遺産となりました。

美しい世界遺産を眺めながら生活できる現在の環境は、私にとって毎日が特別であり、贅沢な時間だと感じています。

また、穏やかな気候や整備された交通網から、生活する上でとても住みやすいと実感しています。

北には山、南には海があり、家族とともに四季折々の風情を楽しむことができる環境が整っており、「もっと遊びたい。」「もっと学びたい。」と思ってしまうほど、市民になってから10年経った今でも、何度も出かけたくなる魅力があります。

【参考】

姫路市ホームページ(https://www.city.himeji.lg.jp/shisei/0000007156.html

姫路城公式サイト(https://www.city.himeji.lg.jp/castle/index.html

姫路市観光ナビひめのみち(https://www.himeji-kanko.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする