ハッピーオーラをまとった女性の共通点

朝晩が涼しくなり、一気に秋めいてきましたね。

ここのところ何度も耳に入ってくる言葉がありました。

それが、「自分ファースト」です。

最初に気になったのは一か月ほど前、友人たちとオンラインで会話をしていたとき。

「母親の機嫌は家族に伝わるから、自分を一番大切にしている。」という趣旨の言葉でした。

この価値基準には大変共感しており、家族のためにも自分のためにも、出産後は努めて心掛けてきたつもりでした。

ところがこの後、同じ趣旨の言葉に何度も触れることになります。

別の友人たちとオンラインで会話をしていたときも、「子どもがいるからこそ、自分ファーストにして、自分が一番ハッピーでいないとね。」の言葉に触れ、

さらに先日も、「(人生を)振り返ってみると、自分がやりたいこと、興味のあることをやり続けてきた。」という、女性自治体職員の方の言葉が耳から離れませんでした。

前述の女性たちは皆、落ち着いていて、余裕があり、幸せそうなのです。

頻繁に同じような場面に触れるので、彼女たちの共通点は何だろう?と、しばらく考えていました。

するとある時、彼女たちの共通点である【自分ファースト】の意味は、【自分の気持ちに正直なこと】なのだと気づきました。

「やりたい/やりたくない」「好き/嫌い」といった明確なものだけでなく、「もやもやする」「なんとなくそう感じる」という感覚的なものも敏感にキャッチし、それらを一旦受け止めた上で、その後の行動を自分で選択しているのだと思いました。

 

好きなことをしていると、楽しいですよね。

好きなことだけできれば、人生もっと楽しいのかな、と思うこともあります。

けれど彼女たちは、決して好きなことだけやっているわけではないのです。

話を聞いていると、私たちと同じように嫌なことに遭遇して、思い通りにならないこともたくさんあって、凹んだりもして。

そういった場面でどうしているかというと、頑張って元気を出すこともなく、愚痴を言いたいときは吐き出して、前を向けるようになれば前を向く。

無理がなく、とても自然体なのです。

もしかしたらさまざまな経験を経て身につけた術なのかもしれませんが、私も彼女たちのようになりたいと思いました。

 

ここのところ眠りが浅くなっているので、スマートフォンを目覚まし代わりに使用するのを辞めました。

ぐっすり眠れたら良いなと思います。

  

お読みいただきありがとうございました。 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。