悩みから抜け出す思考整理

最近は、子どもの習い事について悩んでます。

娘たちは、幼児期からピアノを習っています。

これから先もピアノを続けるのであれば、アップライトピアノを購入し、環境を整えてあげたい。

そんな気持ちがふつふつと湧いてきました。

しかし、我が家にとって簡単に購入できないお値段の楽器である上に、リビングに置くとそれなりの存在感が出てしまいます。 

これから先も、練習を続けてくれるだろうか。

数年後、不要な代物にならないだろうか。

私はピアノを弾くことができないので、娘たちが弾かなくなれば、置物と化してしまいます。

そのリスクを負ってまで、ピアノを続けるべきだろうか。

考えても考えても堂々巡りで、答えが出ませんでした。

  

答えを出そうとすると煮詰まるだけなので、問いを変えてみることにしました。

「ピアノを買うかどうか。」という剛速球ではなく、「子ども達に対して私ができるサポートは何か。」というふわっとしたカーブを投げてみることにしたのです。

 

すると、前者の剛速球に対しては「・・・・(無言)。」という回答しかできなかった胸の内から、「子ども達が好きなことをサポートしてあげたい。」という言葉が出てきました。

どうやら、自分に対してかなり受け取りにくいボールを投げつけていたようなのです。

 

答えが出ないなら、答えやすい問いに変換すれば良いですね。

二つ返事でピアノを購入することはできないけれど、「子どもがピアノと向き合うサポート」であれば、他にも選択肢が存在します。

長い目で見れば、我が家にとって今すぐ実践できる小さな一歩からスタートしても、決して遠回りではないはずです。

今の私にできることを整理して、最終的には、①ピアノの購入については保留する、②代わりに現在の電子ピアノでの練習に毎日伴走する、ことにしました。

我が家にとって実現可能性の高い、「毎日電子ピアノで練習する」という目標をクリアできれば、将来的にアップライトピアノの購入を検討したいと思います。

  

さて、今回悩みから抜け出すために、次の方法を試してみました。

  • 「問い」の角度を変える。
  • 「踏み出せない大きなステップ」から「簡単にできる小さなステップ」に分解する。
  • 最終的に、覚悟を決めるタイミングを決めておく。(腹をくくっておく。)

近い将来、「大きなステップ」を決断するタイミングがやって来るかと思いますが、その時には、今のように大きくは感じないはずです。

何週間かこの問いで悩んでいたのですが(汗)、やっと筋道を整理することができました。

 

悩んだとき、皆さまはどんな方法で思考を整理されていらっしゃいますか?

 

お読みいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。