ケンカしても大丈夫!?我が家のマイルール

梅雨ですね。ジメジメして蒸し暑い上に、毎日マスクを付けて過ごす日々ですが、体調崩されていらっしゃいませんでしょうか。

我が家は全員元気にしていますが、学校でずっとマスクを付けている生活に、一年生の長女は時折疲れを見せるようになりました。

仕方ないとはいえ、様子を気にかけてしまうのが親心というものでしょうか。

蒸し暑いからか、心の成長からなのか、両方に起因しているのかわかりませんが、最近我が家では子ども同士のケンカが増えてきました。

仲裁に入ると大抵返ってくるのが、「だって〇〇(相手)が悪いんだもん!」という言葉。

努めて双方の話を聞くようにしていますが、梅雨に入ってからは、苛立っている長女が次女に感情をぶつける場面が明らかに増え、母としても長女を注意せざるを得ない状況に悩んでいました。(いや、現在進行形で悩んでいます^^;)

こんなとき長女は決まって「お母さん(なんて)もういい!!」と怒ってしまい、それ以上話ができないこともあります。

子育てって、本当に毎日が勉強ですね。

 

「なんとなく苛立つ」という気持ちを処理しきれずに、感情が溢れているように見受けられるので、これも心の成長なのだと(自分に)言い聞かせ、私はひたすら受け止めるようにしています。

衝動となって溢れ出て、自分でもどうしてよいかわからない子どもを、両手を広げて、ぎゅっと抱きしめています。

そうすると、最初はお腹を蹴られることもありますが(汗)、最終的には流れ出すように泣いて、しばらく経つと落ち着きを取り戻します。

落ち着いたら、次女にぶつけた苛立ちの原因も、少しずつ話してくれるようになります。

きっと長女なりに精一杯頑張っているんだと思い、抱きしめながらパワーを充電すると、自然と笑顔を取り戻します。

またそれだけでなく、私のほうもなんとなく充電できたりするんですよね^^

実際に、ハグをすることでストレスが軽減されるという研究結果もありますので、ご参考になさってください。

【参考】「抱きしめる」という効果

公園にきのこが生えていました。

湿度が高いので、苛立つのも無理はないですね。

今日ご紹介したマイルールは、「ハグ」でした。

ちなみにケンカしたときだけでなく、毎晩寝る前にもしますし、登校前にも「いってらっしゃい」のハグをしています。

これから先もっと色々な感情を抱えるかと思いますが、ハグをさせてくれる間だけでも、習慣として続けられたらと思っています。

お読みいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。