目の前のTODOをコツコツやる

こんばんは。この三日間は毎日9時間ほど寝ているのですが、昼間も眠くて仕方ない金治です。「春眠暁を覚えず」とはこういう状態を言うのでしょうか?^^;


リクルーター職員として母校でお話させていただきました。

さて、最近仕事でもプライベートでも試されていると感じているのは、「SNSや周囲の言葉などに感情を揺さぶられないこと」です。

言い換えると、「冷静さを保てるかどうかを試されている」という感じでしょうか。

 

例えば、仕事をする中で誰かに褒めてもらったとき、

私のことを好きだから言ってくださっているのではなく、仕事面での私の行動を褒められている、と脳内変換できるかどうか

例えば、他愛ないことで家族と喧嘩になりそうになったとき、

私のことを嫌いだから言っているのではなく、目の前の事象が本人の思い通りにならないから苛立っている、と脳内変換できるかどうか

 

感情を交えず、冷静に目の前の出来事を分析する、という能力を磨かれているなと感じます。

もちろん、行動や理念に対する賛否の部分と、目の前の事象に対する感情を切り離せない場合もあるのですが、ここを切り離して整理できるようになると、日々の出来事に一喜一憂することなく過ごせることに気が付きました。

 

親友がプレゼントしてくれたイヤリング。
とても嬉しかったです^^

 

感情の振れ幅が大きいことは、決して悪いことではありません。

美しいものを見て涙を流したり、大会で1位になれなくて悔しがったり。

そういう人間的な感情は、生活を豊かにしてくれると私は思っています。

 

ただ、「そういう感情に浸りたくて感じることを選ぶ」という選択肢のほかに、「そういう感情に振り回されずに目の前のTODOをコツコツこなす」という選択肢もあるということを、今週は学ばせていただいたのかなと思いました。

我が家では、1体しかないしろまるひめの争奪戦が行われます^^;

  

ここのところ仕事が忙しくて、子ども達のことを気に掛けてあげられなかったので、今週末は家族と自分を充電する時間にしました。

姫路城マラソンに出場する予定だった夫と長女には、来年頑張ってもらいたいです^^

 

お読みいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。