どっちに転んでもいいな。

こんばんは。最近食欲が爆発してデザートにジャムを塗った食パンをペロリしてしまう私です。

久しぶりに体重計に乗ったら、認めたくない数値を示していたので見ないことにしました(笑)

さて、今夜は華金!^^

時間を気にせず文字を書きたいと思います。

今日は、仕事について。

私が所属する自治体では、11月に異動希望等を記入する「自己申告書」を提出します。

時期や名称は自治体によって異なるかもしれませんが、どこの自治体でも、1年に一度は希望調査をしているかと思います。

これまでも年に一度は自分のキャリアを振り返ってきたのですが、今年のそれは、いつもと少し異なりました。

私にとって、いつもと違ったのは以下の2点。

  1. 自分のキャリアを自分の頭で考えるようになった。
  2. 課題意識とそれに対して自分ができること(スキル)を言葉にした。

1は文字通りなのですが、今までの私なら、キャリア形成を“悪い意味で”組織任せにしていました。

「キャリアは組織が決めるものであって自分で決めるものではない」と、どこか、自分のキャリアに対する諦めを抱いていたような気がするんです。

もちろん、希望が通らない可能性も十分あり得ます。

それでも大前提として、キャリアに対して諦めを抱くことと、きちんと自分の頭で考え言葉にして伝えてみたけれど結果叶わなかった、は全く違うなと。

私は後者を選びたい、と思ったんです。(キャリア=人生、の意味で使っています。)

なので今年は、「覚悟」を決めて書きました。

するとなんだか、自分の中の何かがふわっと昇華された気がしました。

言葉にしにくいのですが、

「もう、どっちに転んでもいいな」

そんな感覚です。

「子ども達の未来のために」

そう思ってきたけれど、この“こだわり”も、一旦手放すことにしました。

ふわっと軽やかに。

子ども達と一緒に、姫路の「今」を楽しみたいと思います^^

お読みいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。