福岡市役所・今村寛さんインタビュー執筆のこぼれ話①

NPO法人2枚目の名刺「公務員×2枚目の名刺プロジェクト」のメンバーとして、福岡市役所・今村寛さんにインタビューをさせていただきました。

(写真提供:長谷川尚人さん)

公務員人生を変えた二度の転機と、2枚目の名刺の関係性(前編)

http://magazine.nimaime.com/imamurahiroshi_1/

公務員こそ2枚目の名刺で未来を拓く!(後編)

http://magazine.nimaime.com/imamurahiroshi_2/

まだ読んでいらっしゃらない方は、ぜひ先に記事をお読みください^^

NPO法人2枚目の名刺「公務員×2枚目の名刺プロジェクト」については、こちらからどうぞ。

http://magazine.nimaime.com/public_project_launch1/

さて今日は、この執筆に当たってのこぼれ話についてお話させていただきます。

こちらの記事ですが、今村さんに取材させていただいた日は、なんと、姫路市で「財政出張出前講座+SIMふくおか2030(対話型シミュレーションゲーム)」が開催された6月30日なんです^^;

今日までちょうど3ヶ月。執筆に長期間を要してしまい、公開までお待ちいただいた今村さんにも、プロジェクトデザイナーであるさいたま市役所・島田さんにも、申し訳ない気持ちでいっぱいです(大汗)

実は、今回3ヶ月要したのには理由があります。

6月30日に取材後執筆をスタートし、8月上旬の段階で、一旦はそれなりの形になっていました。

執筆速度が遅いのか早いのかはわかりませんが、子どもと一緒に寝落ちしてしまったりする日々の中で時間を確保し、コツコツと大好きなライター活動に勤しんでいました。

いちおうの形になった記事を編集担当の島田さんに確認いただき、若干修正を加えた状態で、「さて、いつ公開できるかな」というところまで完成していたんです。

ところが、自分で書いた原稿を何度眺めてみても、なんだか“しっくりこない”のです。

記事として悪くはないけれど、インタビュー時に目の当たりにした「今村さんらしさ」を表現できているかというと、どうだろう、、、

このまま公開しても粗雑ではない、それなりの完成度に仕上がったこの記事を、この状態でリリースしてもよいだろうか、、、

80点で合格とするか、違和感に目を背けず100点を目指すか。

ライターとして妥協せず、もっと高みを目指すべきなのではないか。

悩んだ挙句、島田さんに正直に相談し、全体の構成からメスを入れることにしました。

外科手術のようなイメージでしょうか。

インタビュー中に体感した、今村さんの、朗らかながらも強いエネルギーをどのように表現するか。

今村さんから頂戴したメッセージを、ストレートに表現するか、咀嚼するか、外堀から固めるか。

どの言葉を選択し、どの言葉を抽出するのか。

全体として、どのような構成で、どのような流れに乗せると、読者に伝わるのか。

様々な角度から、いろいろいろいろ考えながら、文字に落とし込みました。

結果として、8月上旬からさらに1ヶ月以上頂戴し、9月末のリリースとなってしまいましたが、今の私の実力(+島田さんのサポート)で表現できる、渾身の力作になっています。

このとき、外科手術に要する期間を受け入れ、励ましてくださった今村さんのお人柄と懐の深さに心から感激しましたし、本当に感謝しています。

また同様にその期間を受容し、同様の違和感を隠さず言葉にし共感してくださった島田さんにも、本当に感謝です。

元々書くことは好きなのですが、私は、「インタビュー記事を書く」という行為を通じて、その人らしさを最大限表現したいと思っています。

現時点での能力をすべて使って、「(私の中では)最高傑作!」と言い切れる記事を書きたい。(そもそも能力の底上げが必須なのですが^^;)

そんな気持ちで書いています。

どちらかというと、感覚的にはアートに近いのかもしれません。

(あくまでも自分基準であり、本業としてライターをされている方々には到底及びませんので悪しからず^^;)

おみぞ筋に描かれているアートです^^)

記事を書き上げるときは“産みの苦しみ”があるのですが、それでも、インタビュー記事を書くことも、インタビューをすることも大好きなので、これからもこの活動を続けていきたいと思っています。

今回、そんなこだわりを貫く機会をいただけてとても有難かったですし、長期間を要しましたが、「完成した!」という達成感は何物にも代えがたく、そこに至るまでの時間もまた、私の中では“楽しい”んだと気づきました。

インタビューを快諾してくださった今村さん、そして素敵な機会を与えてくださった島田さん、本当にありがとうございました。

お二人の懐がなければ、決してここまでの記事は書けませんでした。

さて、私のこだわりを広い心で受け止めてくださり、常に穏やかに編集およびサポートをしてくださった、さいたま市役所の島田さんが、10月27日(土)に来神されます。

・島田さんに会ってみたい!という方も、

・公務員が2枚目の名刺を持っても良いの?という方も、

ぜひ作戦会議でご一緒しましょう^^

【作戦会議@神戸 実施します!】
10/27(土)10:00- 作戦会議「公務員プロジェクト、関西初上陸!」
場 所:120 WORKPLACE KOBE(兵庫県神戸市中央区磯上通4丁目1―14三宮スカイビル)
内 容:公務員こそ2枚目の名刺で社会を変える! 未来を拓く!
「公務員が2枚目の名刺をもつ社会を当たり前にする」ことをミッションに活動をしている「公務員プロジェクト」(正式名称:公務員×2枚目の名刺プロジェクト)。地域の課題に日々向き合う公務員が、組織や立場を越えて課題解決に活躍する社会をつくる。そんなプロジェクトに関心のある人は大歓迎! 参加をご希望の方は、お問い合わせページよりご連絡ください。
主 催:NPO法人二枚目の名刺

さてさて、実は今回、構成から外科手術をしただけではなく、さらなるメスを入れなければなりませんでした(笑)

その話は、こぼれ話②に続きます^^;

お読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] ※ライターがブログで取材のこぼれ話を執筆しています。Webマガジンでは紹介しきれなかった話も随時公開!>おてんば公務員の徒然ブログ […]

  2. […] ※ライターがブログで取材のこぼれ話を執筆しています。Webマガジンでは紹介しきれなかった話も随時公開!>おてんば公務員の徒然ブログ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。