書く。書く。書く。

ここのところ仕事でも「書く」ことが多く、またプライベートの活動でも、「書く」ことに比重を置いています。

そう、私の最近のテーマは、「書いて伝える」こと、なのです。

「書く」にも様々な種類があるかと思いますが、今取り組んでいるのは、「キャッチコピー」を作ることと、「伝わる文章」を書くこと。

大きく分類すると、この二つです。

物心ついた頃から「書く」ことが好きで、だからこそ2年以上ブログを書いてきましたし、Facebook等のSNSも苦にならず続けてきました。

しかしこれまで、「書く」ことについて、きちんと学んだことはありませんでした。

wordの使い方や、定型文の書き方ではなく(それも必要ではあるのですが)、「伝える」を意識した、「書く」。

ありがたいことに、公私ともに「書く」機会をたくさんいただきまして、意識して、文章と向き合うようになりました。

意識するようになってから、慎重に言葉を選びながら発信したFacebookの投稿では、思いのほか、たくさんの「いいね」をいただきまして。

Facebookの投稿はこちら→https://www.facebook.com/ryoko.kanaji/posts/1752465344866067

同じ内容を伝えるにも、選ぶ言葉、言い回し、韻、言葉の流れ等によって、相手への伝わり方も違うということを、実感しました。

思っていても、言葉にしなければ、伝わりません。

そして、一方向の言葉で伝わらなければ、他方向の言葉を探さなければなりません。

その内容を、どんな人に、どの程度、伝えたいのか。

「書いて伝える」を、磨いていこうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。