【勝手に解説】憲法って何?

「行政」「法律」「政治」「議会」って何?という声にお応えして、行政関連の用語を勝手に解説していくことにしました。

不定期になりますが、余裕のある時にコラムとして書いていこうと思います。

よろしければ、お付き合いください。

さて、一回目の今回は、「憲法」についてです。

「憲法」。

憲法9条改正、という言葉はテレビなどで耳にされるかと思いますが、そもそも「憲法」とは何でしょうか?

「憲法」とは、「日本国憲法」のことを言います。

「憲法」を一言で表すと、日本で一番強い法律です。

私たちは、「税金を払わなければならない」などのきまりを守らなければなりませんが、そのきまりは「法律」によって決まっています。

ではその法律はどうやって決めるかというと、国会で、総理大臣や議員さんたちが話し合って決めています。

ですが、国会では、どんな法律でも決めてよいわけではありません。

法律は、必ず、憲法のきまりを守らなければならないのです。

つまり、

法律は、私たち国民が守るきまりを決めたもので、

憲法は、法律を決めるときに、国に守ってもらうきまりを決めたものです。

憲法は、私たち国民が守るべきものではないんですね。

憲法とは、国に対して、「このきまり以外の内容で勝手に法律を決めてはダメです!」と決めたものなんです。

ちなみに憲法第99条には、守るべき人として、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員」と書いてあり、「国民」とは書いてありません。

今日は、憲法についてでした。

次回は何にしようかなぁ。

気まぐれですが、リクエストがあれば受け付けますのでよろしくお願いします(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。