私にできること①

前回の記事で、持続可能な未来にする3つの方法について書きました。

今日は、3つの方法を実現するために、私にできることを書いていきます。

私にできること一つ目は、

「家族を愛すること」。

家族を愛する。

当たり前かもしれないけれど、正直、できない日も多いです。

家族だからこそ、自分にとって安心安全な、最小単位のコミュニティだからこそ、つい遠慮がなくなってしまうこともあります。

そんな日は、子ども達の寝顔を見ながら、「ごめんね」と謝罪することもあります。

それでもやっぱり、私の土台であり、最も大切にすべき存在は、家族です。

しかし、家族を大切にしようと思うとき、その「家族」には「自分」も含まれていることを、忘れてはいけないと思うんです。

「家族のため」という言葉で自分をないがしろにし、自分の真の気持ちに気づかないふりをしていると、家族に優しく接することができなくなります。

結果として、家族を大切にすることができません。

家族を大切にするためにも、まずは、自分を大切にする。

「今日はお母さん疲れてるの。」

「今日は眠たいからごめんね。」

そんなふうに、寝る前の絵本を断ることもあります。

そうやって正直な気持ちが言えるのもまた、家族だから、なのかもしれません。

家事も、育児も、できていないことはたくさんありますが、私を選んでくれた夫に、それから私を選んで生まれてきてくれた娘たちに、「ありがとう」を伝えたいと思います。

「いつも本当に、ありがとう。」

自戒を込めて、ここに書かせていただきます。

私自身まだまだ課題もありますが、もし、日本中の人が家族を大切に想い、それを相手に対して表現することができたなら、人口が急速に減少しても、日本の未来は明るいのではないでしょうか。

「家族」を通して、そんなことを考えた今日この頃です。

お読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。